[PR] データ復旧

帰ってきた24Hブログ

- Saint Night はフィーバーしナイト -

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
もう、娘。物語(最終話)
「もう、娘。物語」記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

空に輝く虹の光。



中から怪しくほほ笑む女性が出てきました。



そして。



弓を持って、こう叫んだのです。



「太陽と水のハーモニー!レインボープリズムフラーーッシュ!!」


きらきらきらきらきら


空から降ってきたのは。


なんと。


5枚のカード


「あ、あなたは?」
「あ、あなたは?」
「あ、あなたは?」
「あ、あなたは?」
「あ、あなたは?」


「私の名は雪村チョビ」

「そう、あなたたちを守るためにやってきました。」

「降り止まぬ雨はない、明日(あす)の光に祈りなさい」

今、もう、娘。たちは気づいたのです。

「もう、娘。レインボー」
「もう、娘。レインボー」
「もう、娘。レインボー」
「もう、娘。レインボー」
「もう、娘。レインボー」


その5枚のカードをみた5人は狂喜乱舞しました。

もう、娘。グリーン ゆずぽん!




もう、娘。ピンク ちちママ!




もう、娘。イエロー とも!




もう、娘。ブルー アネゴ!




もう、娘。レッド ミッチー!



ついに「もう、娘。」が本物だということが証明された瞬間です。

がっくりと肩を落とす3アホと戦闘員とロボ。

「ううう、そうか、本物だったのか。」
「ううう、そうか、本物だったのか。」
「ううう、そうか、本物だったのか。」
「ううう、そうか、本物だったのか。」
「ううう、そうか、本物だったのか。」
「ううう、そうか、本物だったのか。」


アホ競争では勝ち目のないことを知った悪の軍団は遂に降服したのでした。

戦いが終わり。

チョビはこういいました。


「あなたたち。今夜の戦い。あなたたちのピンチを知らせてくれたのは、誰だと思う?」

「泣きながら私にあなたたちのピンチを教えてくれたのよ。」

「泣きながら?」(←もう、娘。レッド。リーダーっぽく)

「は!」
「は!」
「は!」
「は!」
「は!」

そうです。
行方不明になっていた、元、もう、娘。のエース。番長に違いありません。
あの番長がこっそり戻っていたなんて。
みんな敵も味方もなく涙するしかありませんでした。




そして、散々泣いた後、宿舎に戻ったオールキャストを待ち受ける女一名。





女は静かに口を開きました。





「シャワー浴びてこいよ」




「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」
「まーさん!」


Fin ♪


⇒ 【登場人物一覧

| もう、娘。物語 | comments(5) | - |
もう、娘。物語(第6話)
「もう、娘。物語」記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

その頃でした。

天空界では史上最強の女神あざらし2世が何回も何回も呟いていました。

「月に代わって〜〜 おしおき棒よっ!!ズブズブ」

「月に代わって〜〜 おしおき棒よっ!!ズブズブ」

「月に代わって〜〜 おしおき棒よっ!!ズブズブ」


もし、この女神が地上に降り立ったなら、世界に争いなんて起こらなかったかもしれないのに。


・・・しかし、女神は天空界で呟いていたのです。


所変わって。ここは地上。


まさたろに、証拠を出せと言われた「もう、娘。」たち。


一体どうなってしまうのか!!!!


「ほーら。証拠、出せない。」


「ううぅ・・・」
「ううぅ・・・」
「ううぅ・・・」
「ううぅ・・・」
「ううぅ・・・」


3アホたちは勝ちを確信しました。そして、さらに勝利を確実にするため、呼んだのです。


「出でよ出目ロボーー!!!」


「呼びましたか3アホトリオ」
「呼びましたか3アホトリオ」


「今日も元気そうですね」
「今日も元気そうですね」



「な、なんで、出目ロボ双子やねん。」


「いや、何故か、こんな話し方になる。」
「いや、何故か、こんな話し方になる。」



「出目ロボ美味しいなw」


「なんか悔しい」
「なんか悔しい」



こうして3アホトリオとロボが戯れてる
そのときです。


空に輝く虹の光。


(もう、娘。絶対絶命のピンチを救うのは?!)


⇒ 【登場人物一覧

| もう、娘。物語 | comments(3) | - |
もう、娘。物語(第5話)
「もう、娘。物語」記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

なおすけは大声で叫びました。


「もう、娘。−−−−−」


颯爽とあらわれる5人の影。


「ま、まさか・・・」
「ま、まさか・・・」
「ま、まさか・・・」
「ま、まさか・・・」



「そう、そのまさかよ。」( ← なおすけ)



もう、娘。グリーン!!




もう、娘。ピンク

「んもうっ!そんなんじゃイケないわよっ?!」


もう、娘。イエロー

「岩をも砕く主婦の激情、受けてみなさい!
秘技、もう、だめだストリーーーム!」



もう、娘。ブルー

「ポンゲ・ジャーース・キッーース」


もう、娘。レッド

「いたずらばっかりしてると泣いちゃうんだからー!」



「アホっぽいのが来た」
「アホっぽいのが来た」
「アホっぽいのが来た」
「いいなぁアホ」



そこに慌ててやってきた一人のオッサン(何故かひよこの着ぐるみ)。


「おーい!!!」



「みんな、武器忘れてるって」




「しまった!」
「しまった!」
「しまった!」
「しまった!」
「しまった!」



「本物のアホだ」
「本物のアホだ」
「本物のアホだ」
「いいなぁアホ」



後からやってきたひよこのオッサンは着ぐるみを丁寧に毛づくろいしながら、説教を始めました。オッサンは説教が好きなので。


「いいか。お前らは、このオレ、ひなたの武器がないと闘えないんだぞ」


「この武器はなぁ、オレが手塩にかけて・・・・



(30分)


・・・



すっごい火が出るから熱いんだ。そこに気をつけろ



・・・



(早く終わんないかなぁ)
(早く終わんないかなぁ)
(早く終わんないかなぁ)
(早く終わんないかなぁ)
(早く終わんないかなぁ)


・・・

そうそう、この武器も熱いけどな。



忘れちゃいけないことがある。



絶対忘れちゃいけないよ。





オレに触ると火傷するぜ。




(終わった!)
(終わった!)
(終わった!)
(終わった!)
(終わった!)


そうです。ひなたはオッサンなので最後に必ず余計な一言を言うのです。
絶対、ひよこのオッサンに触っても火傷はしないのに。


「しかしよ?」(← まさたろ)


「あー、こら、まさたろ、また目立って」
「・・・・」(いいなぁ目立って)
「・・・・」(お腹空いたなぁ。妊婦だし)


「証拠がなくない?
君らが、もう、娘。だっていう証拠が」



(次号まさたろの衝撃の一言に)


⇒ 【登場人物一覧

| もう、娘。物語 | comments(1) | - |
もう、娘。物語(第4話)
「もう、娘。物語」記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

スーパーアホドル、アホ界の首領 RUTYが去ったあと、

3アホトリオは、なおすけを問い詰めました。


「お前は誰だ。」

「誰だ。」

「さては」



「もう、娘。」だな?! (←まさたろ)


驚く3アホ。


「こら、それは俺の台詞だって!!」


「いやいや、私が。」


「どうもどうも、ここは、私が。」



って


「こらー! 私の話を聞いてください」(←なおすけ)


「いい?」


「いつまでもポーっとおったたせてるんじゃないわよ!!」



「はい。」
「はい。」(女なんだけど)
「はい。」(女なんだけど)
「はい。」



「私こそ、アホの もう、娘。の友人、なおすけです。」



「あー。」
「メアドにパスワード入れて入れなくって」
「助けてっていった人だ。」
「アホだ。」



「うるさい! 見よ!!」


「いい?」


「いつまでもボーっと突っ立ってるんじゃないわよ!!」


「はい。」
「はい。」(女なんだけど)
「はい。」(女なんだけど)
「はい。」


(次号いよいよ。)


⇒ 【登場人物一覧

| もう、娘。物語 | comments(4) | - |
もう、娘。物語(第3話)
「もう、娘。物語」記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

そのときです。どこからともなく謎の女が現れました。

謎の女は、皮の帽子みたいのを被ってます。

angelmam は、その帽子がまるで、とても口には出せないような恥ずかしいものに見えて仕方ありませんでした。


「あ、あなたは?」


「私の正体は明かせない。早く逃げて。」
「この人たちは、とても人間の力じゃ倒せないの」


「なんで、私、こう見えても人間界じゃ一番・・」


「あなた死にたいの?!」
「あの悪の3人はアホなのよ!」


angelmam は、あなたの帽子もまるでち○こみたいだけど・・と思いながら木陰に隠れました。


3アホトリオは口々にこういいます。


なるーんはなぜか超笑顔です。

「一回死んで来い(笑)」


いずはんは、怒ってます。

「こらー!!もー,全く!!!めーーー!!!!!」


桃栗三太はニヤニヤしてます。

「ねぇイクの?イカないの〜?」



謎の女はついに帽子を取るようなそぶりで、やっぱり取らずにこう言ったのです。





「ブロろ〜ぐ菌。ちゅー(唇突き出しながら。)にゅー!(乳を寄せながら。)」





固まる3アホトリオ。


まさかの大アホ登場に、3アホ敗れるかと思われたそのときでした。



「ちょ、ちょっとまったー!!!」



あらわれたのは、一人の(みんなより)若い女の子でした。
若い女の子は続けます。


「私の名はなおすけ、そして、あなたはスーパーアホドル、アホ界の首領とも言われる・・」



「RUTYでしょ?!」




帽子を被った女は、きちんとち○こに帽子の位置を直してから首を振りながらこういいました。




「なぜ、それを。」




なおすけ


「当たりですか。」


3アホもここぞとばかりに突っ込みを入れます。

なるーんはなぜか超笑顔です。

「一回死んで来い(笑)」


いずはんは、怒ってます。

「こらー!!もー,全く!!!めーーー!!!!!」


桃栗三太はニヤニヤしてます。

「ねぇイクの?イカないの〜?」



そして、そこに通りかかる千砂。
桃栗三太にぶつかるとこういうのでした。

「あんたにかかわってるほどヒマじゃないのよ」
「早く帰ってアド街ック天国みなきゃ・・」


⇒ 【登場人物一覧


| もう、娘。物語 | comments(2) | - |
もう、娘。物語(第2話)
「もう、娘。物語」記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

そのときです。

3人の人影が angelmam の前に立ちはだかりました。


さらに、もう一人の女性が横切りました。
そして、その女性は、3人の人影 にぶつかると、こう言い放ったのです。

「あんたにかかわってるほどヒマじゃないのよ」
「早く帰って金八先生みなきゃ・・」

呆然とする、 angelmam と 3人の人影。

しかも、この女性、千砂は、実はストーリーと全く関係ない のです。
なぜなら、オバQでいうところの小池さんだから。


3人の人影は気を取り直して、angelmam に迫ります。


「よくも、戦闘員まさたろをやってくれたな。彼はああみえて、我が軍団最強の戦闘員なのだ。」

「一人しかいないけどな。」

「一人しかいないんかい!!」

「でも、強いぞ」

「すぐ負けたやん」

「我が軍団では最強って意味で。」

「やっぱり一人だけかい!」



「ちょっとこんな夜中に漫才はやめてよ。」と angelmam 。


「漫才とはご挨拶だな。」

「ご挨拶だな。」


「聞いて、驚くな。我々は全世界をエロ一色に変えようとする悪の軍団だ。」


「それ、さっき聞いた」(angelemam)


「マジで? まさたろが言ったの?」

「だめだよ。あいつ。アレほど、この台詞は俺らが言うって言っといたのに。」

「つーか、私はエロ一色とかやだよ」

「うん。暇だからやってるだけだし」

「マジで? そーなの?」

「うん。」

「うん。」


「って、仲間割れかい!!」(angelemam)


「何を言うか。我々は常にこんな感じだ」

「悪の3アホトリオ」

「なるーん!」

「いずはん!」

「そして、大ボス、桃栗三太!」


そして、そこに通りかかる千砂。
桃栗三太にぶつかるとこういうのでした。

「あんたにかかわってるほどヒマじゃないのよ」
「早く帰って有閑倶楽部みなきゃ・・」


⇒ 【登場人物一覧


| もう、娘。物語 | comments(6) | - |
もう、娘。物語(第1話)
「もう、娘。物語」記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

クリスマスが間近に迫った 22 日の夜。

angelemam がチャームポイントの大きなお尻をプリプリさせながら夜道を歩いて家に帰ったときのことでした。家の前に着くと、angelemam は鍵を開けるためにイブに子供にこっそりあげるプレゼントを一回下に置きます。

「はぁー。寒いわー。」

ふと自分の家の煙突を見上げました。

すると、黒服に身をつつんだ戦闘員が煙突に入ろうとしているではありませんか。

「せ、戦闘員?!」

慌てた戦闘員は、降りてきて言いました。

「我の名は戦闘員まさたろ。お、お前のプレゼントを改めさせてもらおうか。」

「何が目的なの?!」

「われわれの目的は、世界をエロ一色に染めること。だから、子供のプレゼントもちゃんとエロいものになってるか確かめるのだ」

「えー?!」

angelemam は、すかさず、必殺技を使いました。


「ぐぁしぃぃっつ!いい子になりな!」


戦闘員まさたろは崩れ落ちるようにして倒れました。


「・・・お前もまたホモだった。」


「し、失礼ね。私は女だっつーの」

戦闘員まさたろを倒した angelemam 。
それもそのはず、angelemam は人間界で一番強い女だったのです。


⇒ 【登場人物一覧


| もう、娘。物語 | comments(9) | - |
もう、娘。物語(登場人物紹介)
【登場人物データ】

■ 戦闘員
岸谷まさたろさん (Badonkadonkの戯言
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事1

■ 敵の参謀その1
なるーんさん(M様の耳はロバの耳 穴があったら叫びたい
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事1

■ 敵の参謀その2
いずはんさん (いけずなニイヅマの腹黒手帖
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事1

■ 大ボス
桃栗三太さん (ことわザッ!!
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事1

■ 最後の最後に大暴れする敵の大型ロボ
三十路 出目子さん (裸眼じゃ生きていかれない
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事1

■ すっごいテレビ好き
千砂さん (むすこ×むすこ×むすこ!!
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事2

■ ある意味最強の女神
あざらし2世さん (育児水族館〜最弱主婦のキワドい生活〜
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事2

■ 何故かいつも絡んでくる
なおすけさん (お元気ですか
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事2

■ 武器を渡すおっさん
ひなたさん (青空日和
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事2

■ 最初に敵に襲われる
angelmamさん (アタイの裏日記
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事2

■ もう、娘。グリーン
ゆずぽんさん (おやこぐらし。
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事3

■ もう、娘。ピンク
ちちママさん (はい、どーも 〜本日も濡れてます〜
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事3

■ もう、娘。イエロー
ともさん (てくてく歩いて
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事3

■ もう、娘。ブルー
黒沢アネゴさん (黒沢日記
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事3

■ もう、娘。レッド
ミッチーさん (love cherry!
⇒ 紹介記事
⇒ 配役決定記事3

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

【隠れキャラ】

まーさん (ヒトヅマ生活 〜あくまで育児日記です〜
⇒ 紹介記事

雪村チョビさん (RAINBOW
⇒ 紹介記事

RUTYさん (ラヴほ♥すぴたぁ〜る
⇒ 紹介記事

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

【特別出演】

番長さん (小心者番長のひまつぶし
⇒ 紹介記事

| もう、娘。物語 | comments(3) | - |
 1/1